2018年8月9日

オランダの美しい村での心の禊、そして売れない画家の過去世とご対面

 
ヒートホールン。
 
 
 
 
美しい村。
 

 

 

たくさんの可愛らしい家々が運河沿いに並ぶ。
 
 

 

 
静かな暮らしがそこにはある。
 

 

 
 
ここでは、心の禊。
 
 

 

 
ただいるだけでなんだか懐かしかった。
 
 
 
 
しかし、、、
 
 
 
 
この村より縁のある村があったらしく。
 
 
 
 
ヒンデローペン。
 
 
 
ヨーロッパの美しい村30にも選ばれた、運河の張り巡らされたきれいな村。
 

 

 
 
優雅な豊かな暮らしがあった。
 
 
 
 
その昔、ここに住んでいたことがあるって、ガイドが言う。
 
 
 
 
幸せすぎて、退屈すぎて、ここを捨てて出て行ったって。
 
 
 
 
だけど、まったく覚えてはいない。
 
 

 

しばし想いを馳せる。
 
 

 

 
目の前の幸せに気づけない癖、もっともっととさらに上を求めすぎる癖、いわゆる「青い鳥ブロック」を引っこ抜いた。
 
 
 
 
そして、アムステルダムへ。
 
 
 
街に入った途端、私の内側からヒゲもじゃの小太りの60歳くらいのおじいさんが現れた。
 
 
 
 
「戻ってくるのに長くかかった・・・」
 
 
 
 
苦しげにつぶやいている。
 
 
 
 
これ、、、
 
 
 
 
私!?
 
 
 
 
過去世の私みたい。
 
 
 
 
長い長い時間をかけて、ようやく故郷に戻ってこれたと言っている。
 
 
 
 
薄汚れた、うらぶれた、諦めている私。
 
 
 
 
どうせうまくいきっこない、こんなものだよ人生とは、、、と思いながら、どこかに期待を残している。
 
 
 
 
今の私のものじゃないけど、どこかに記憶している、知っている感覚。
 
 
 
 
ほかにも背の高い痩せた女や、幾人かの私の過去世が重なって見えた。
 
 
 
 
知ってた、、、
 
 
 
 
オランダには私の過去世がいくつかあることを。
 
 
 
 
ただ、今世生きているもう一人の私を救出に来ただけでなく、過去世の私のカケラも拾い集めに来た。
 
 
 
 
それは、オランダで17世紀に画家だった私。
 
 
 
 
ほとんど売れなかった、成功できなかった画家。
 
 
 
 
諦めているけど、諦めきれない。
 
 
 
 
この人は、翌日行った国立博物館でレンブラントの絵を見ながら救出した。
 

 

 

レンブラントは偉大な画家。
 
 
 
 
17世紀には数々の成功をおさめ、名声をほしいままにした。
 
 
 
 
なぜだかここでは、レンブラントにものすごい尊敬の念を感じた。
 
 
 
 
それは歴史上の人物に対してというより、絶対に真似ができないすごい技術を持ってる憧れの大先輩に対する畏怖の念みたいな。
 
 
 
 
やっぱりそれは、私の中にいる過去世の成功し得なかった画家の意識のよう。
 
 
 
 
嫉妬どころか、「到達できるわけないじゃん、あんなすごい技量の画家!」と、なんだかリアルな感覚だった(笑)。
 
 
 
 
そして、今世では自由な自己表現を誓った。
 
 
 
 
たとえそれは絵でなかったとしても。
 
 
 
 
文章や、あるいは自分を通して表現するさまざまなことを。
 
 

 

 
オランダで、「自分を信頼し得ない自分」を解放できたかな?
 
 
 
 
いいことも悪いこともあった、複雑な感情を持ち越したまま生きる、今の自分の別な側面も。
 
 
 
 
まだもう少しだけ旅は続きます。
 
 
 
 
ではまたねニコニコ
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  スピリチュアルメンターあべけいこOfficial Blogの最新記事が届きます! /

人気記事ランキング

月別アーカイブ

2019年